政 策

市役所改革を進めます!

庁舎・新福祉会館の早期建設を目指します。
庁舎・新福祉会館の建設には、防災対策の強化、ICT(情報通信技術)整備等必要な機能をしっかりと入れ、庁舎新設にあわせ、組織改正を進め、市政運営の透明性、コンプライアンス、ガバナンスを強化します。
不断の行財政改革を進め、人件費を抑制、公民連携を推進します。更に、ときを刻む町、水や緑をイメージする町のシンボルとなる魅力を発信できる夢のある庁舎にします。

駅周辺の整備をさらにステップアップ

・武蔵小金井駅南口は新たなきにぎわいの拠点に、親子で集える場所や多世代交流ができる場作りを。
・武蔵小金井駅北口は、早期の整備に向け、公共施設のフロア確保等の検討を進めます。
・東小金井駅北口の区画整理事業を推進、課題の公共施設配置の検討と、東大通りの未整備区域の早期完成。

商工、農でまちの活性化を進めます

・街の変化や高齢化に伴う個人事業主の減少対策として、東京都の事業承継対策に協力し後継者を育成していきます。
・商工振興では商工会や商店会連合会と連携し魅力ある街づくり。
・特定生産緑地制度や都市農地賃借円滑化法の活用で、市民農園等の拡大を進めると共に、緑地の保全を図る。
・学校給食への地場野菜の更なる取組みの更なる充実。

首都直下型地震や自然災害への備えを万全に

・新庁舎にしっかりとした防災対策本部機能を作る。
・防災倉庫設置の支援など自主防災への支援の充実。家具転倒防止策を推進。
・女性消防団員の採用による消防団の充実。

市民生活に寄り添う、福祉の充実

・清掃関連施設の早期整備。ごみ減量には継続的取組。マイクロプラスチック問題解決を地域から。
・小金井公園や野川周辺の緑や農地の保全。キンヒバリの里等保全への取組み。
・名勝小金井桜復活への取組み推進。

市民生活を支える

・触れ合いと支え合いの街づくりを推進。高齢者と障がい者、高齢者と子ども等の複合化施設を推進します。高齢者や障がい者の雇用の場を増やし地域の魅力づくり。
・低所得者や生活困窮者の居場所作りや就労支援、住宅セーフネットの充実支援。
・障害のある人もない人も共に学び、共に生きる環境づくりのための周知活動。
・有償移送のハンディサポート事業への支援強化。
・国の制度を活用した保育や幼稚園の無償化推進。
・保育園での紙おむつ処理推進。
・待機児解消と共に、発達支援のための巡回事業等質の拡充も。
・健康長寿のための予防事業の充実。かかりつけ医・薬局の普及。

文化と教育

・スポーツで生涯元気に。
・学校教育では、自然・福祉・職場体験等の充実。学校体育館の空調整備やトイレの様式化等環境整備。医療費助成の所得制限の撤廃を小学校6年生まで拡大。
・不登校対策の充実。通学区域を柔軟に。
・部活動への郊外指導者の活用推進。
・生涯学習環境充実のため、公民館や集会所の備品・消耗品等の充実。